FC2ブログ

バイク便


先日コンセプトYの職人デザイナー兵井さんが
自らがレストアした名車 HONDA CB72に乗って納品に来てくれました。

IMG_9947.jpg

ずいぶん昔に兵井さんの工房の片隅にひっそりおかれた、
このCB72を見たことはあったのですが もうすっかりその存在を忘れていました。
仕事の合間にコツコツとレストアをやっていたそうです。


IMG_9954.jpg

魅惑のスリーショット


IMG_9955.jpg

この勇ましい姿をご覧下さい。


IMG_9957.jpg

そしてワンオフ工房バイク便は風の様に去って行きました(笑)


Honda DREAM CB72 SUPER SPORT
'60年代の幕開けを象徴するスーパースポーツ
ドリームCB72スーパースポーツ(以下CB72)は、'59年デビューのCB92(125cc)に続き 、Hondaが発売した本格スポーツモデルだ。CB92が浅間火山レースなどで蓄積された'50年代テクノロジーの集大成だとすれば、CB72は世界グランプリ参戦の経験も踏まえた新時代のスーパースポーツだといえよう。CB72のエンジンはC70以来の空冷4ストローク並列2気筒OHC・247ccだが、チューン度はさらに高まって、ライバルを圧する最高出力24ps/9,000rpmを発揮した。特徴的なのは、用途に合わせて2種類のクランクを設定していた点だ。180度クランクのタイプ・は高速型とされ最高速度155km/h、360度クランクのタイプ・は中速重視で同145km/h。当初タイプ・は輸出専用とされ、日本国内ではタイプ・だけが販売されていた。だが、やがてタイプ・も併売されるようになり、好みに合わせて選択することができた。ミッションは4速リターン。フレームは鋼管を用いたバックボーン(ダイヤモンド)型で、CB92などのプレスバックボーンとは一線を画す。フロントサスもCB92などのようなボトムリンク式ではなく、テレスコピック式が採用されている。スポーティな一文字ハンドルに合わせ、ステップは後退気味の位置。しかもオーナーの好みで、前後3段階にステップ位置の変更が可能と、マニア泣かせのアイデアも盛り込まれていた。スタンダード状態でも十分以上にスポーティなCB72だが、さらにHonda純正のレース用パーツ(通称Y部品)も各種用意され、ロードレースはもちろんモトクロスでも大活躍。多くのアマチュアライダーが、CB72で腕を磨くことになった。もちろんストリートでもCB72の人気は非常に高く、'68年に後継モデルCB250がデビューするまで、ロングセラーを続けたのである。なおCB72の一文字ハンドルは、悪路が多かった日本の事情には合わず、アップハンドル仕様(CBM72)も併売。実際の販売数はむしろCBM72のほうが多い。(ホンダのHPより引用)

なんです(笑)
2015年11月03日 | 新着情報
HOME

プロフィール

田中眼鏡本舗 info

カレンダー

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク集